梶川 綾香
広島県安芸高田市出身
1984.6.4生まれ
暮らしととのえ家

2012.4月生まれの息子
夫との3人暮らし

自分を癒し、自分を愛し、
子どもやパートナーの個性を認め、笑顔いっぱいの楽しい毎日を過ごしてもらいたい。

お家は 心のエネルギーをチャージする大切な場所。
人生の中で 家族との大切な時間を共有する 大切な場所だから
家族みんなが 心地よくすごせる空間にして 気持ちよく暮らすサポートがしたい。

そんな思いから 
住空間収納プランナー資格  2015.2.1 取得
「ととのえこびと」2016.3.17 開業

―プロフィール―

進学した大学では、初等教育、中等・高等教育(社会科)を専攻。小学校から高等学校までの教員免許を取得し、卒業後、東京で小学校特別支援学級の担任として勤務。広島県に戻って小学校に勤務の後結婚して退職。息子の出産と育児を機に、子育て中のママたちが抱える悩みに「生活をととのえる」ことを切り口にアプローチできると実感。子育てをしながら住空間収納プランナーの資格を取得後、起業。数秘鑑定士を取得し、個に応じた生活のととのえ方についての提案方法について学ぶ。

教育現場での経験と、自身の子育て中の悩みや経験、ママたちとのかかわりの中で学んだことを生かしながら、ひとりひとりの特徴やライフスタイルにぴったり合った「生活のととのえ方」を提案。物がたまっていかないようにするコツ、片づけに追われなくても きれいなお家を保つコツをお伝えし、「生き方をととのえる」大切さをお客様と共に考えている。さらに、新築 リフォームの間取りをみて収納診断や収納相談にも応じる。

おうちにたまってしまったものを手放す機会として三次CCプラザを拠点に十日市を主催。3年間にわたって、毎月10日にフリーマーケット「十日市」を開催する。そこでの人と人とのつながりから、新たな活動にも精力的に挑む。

― 暮らしととのえ家としての思い -

我が息子の背中にはスイッチがあり、寝かしたら泣く子でした。
2 歳まで昼寝もずっと膝の上。夜中の授乳は2 時間おき。
初めての育児と、家事の両立はほんとうに大変でした。
やってもやっても家事や片付けは終わりがなく、自分の時間も作れずイライラすることが増え、夫婦の喧嘩も増え、笑顔で過ごせない毎日…
そんな中、『物の量を自分がイライラせず管理できる量に調整する』ということを実践しました。そうすると生活が劇的に変化したのです。
物がないと手入れをしたり、片づけたりという作業がない分、自分時間ができて、ちょっと楽に過ごせるようになったのです。しんどかった子育てもなんだか楽しくなって、時間にも心にもゆとりがもてるようになりました。
今は、同じように悩みながら子育てをされている方、もっとこうしたい!こうなりたい!と考えておられる方々のサポートがしたいと思い、おひとりお一人にあった整理整頓収納のコツ、家計管理の方法、時間の使い方等々をお伝えする活動をしています。

お問い合わせ
 080-4268-4145
 korokororarara@gmail.com